プロ並みの柔らかいチャーシューの作り方



塩味のチャーシュー

 

一般的なチャーシューは、しょう油ベースの甘辛い味付けですが、さっぱしとした塩味のチャーシューもなかなかいけます。そこで、塩をベースにした豚バラ肉のチャーシューを作ってみましょう。

 

大き目のビニール袋に、豚バラブロックと斜めに切った長ネギの青い部分、薄切りにしたショウガを入れます。その中に酒を大さじ1杯と塩を小さじ1杯強、コショウを少々入れます。
そして、ビニール袋の口を閉じたら、中に入れたものがよく馴染むように肉を揉んでいきます。ビニール袋をよく揉んだら冷蔵庫の中に入れ、1時間以上寝かせておきます。

 

オーブンはあらかじめ200度で15分くらい余熱しておきましょう。ビニール袋から肉を取り出し、200度のオーブンで両面を15分ずつ焼きます。脂身がある方の面が最後に上になるようにして焼くと、こんがりといい感じに焼き上がります。

 

オーブンによって焼き上がりが変わってきますので、両面焼いたところで一度肉を取り出し、半分に切って焼き具合を確認すると良いでしょう。まだ火が通っていないようでしたら時間を延長して下さい。肉が焼き上がったらオーブンから取り出し、薄切りにして皿に盛れば塩味チャーシューの完成です。

 

トッピングにはネギの小口切りを載せて、柚子胡椒や山椒、七味、わさびなどを付けて食べるのがオススメです。また、オーブンから取り出した後に、フライパンで肉の表面をこんがりと焼いても美味しくなるでしょう。