プロ並みの柔らかいチャーシューの作り方



圧力鍋でチャーシューを作る

 

圧力鍋を使うと、本格的なチャーシューを簡単に作ることが出来ます。しかも時間が短縮できるというメリットもあります。今回は豚モモのブロック肉でチャーシューを作ってみます。

 

圧力鍋に豚モモのブロック肉を1本入れ、酒を100cc、しょう油を50cc、ネギの青い部分を1本分、砂糖を大さじ2杯、みりんを大さじ2杯、味噌を大さじ2杯加え、肉がひたひたになるまで水を入れます。

 

これを強火で火にかけ、圧がかかったら弱火で15分ほど煮ます。蒸らしも15分くらいにします。

 

チャーシューのつけだれは、酒が100ccに砂糖を大さじ1杯、みりんを大さじ1杯、しょう油を大さじ1杯、味噌を大さじ2杯、おろしたニンニクを半かけ分、ごま油を小さじ1杯入れて、よく混ぜ合わせて作ります。

 

肉が煮上がったら圧力鍋から出して、つけだれに付けてグリルで焼いていきます。少し焦げ目が付いたら、つけだれに付けてさらに焼きます。これを3回くらい繰り返せば、美味しいチャーシューの出来上がりです。

 

圧力鍋で煮た後に、グリルでつけだれを付けながら焼くのがポイントです。こうすることで、非常に香ばしいチャーシューに仕上がります。大きくスライスしてラーメンに載せたり、細かくスライスしてチャーハンの具にしても良いでしょう。ご飯の上に大きめに切ったチャーシューを載せて、焼き豚丼にするのも美味しいと思います。